1つ前のページに戻る

布テープの特徴を解説!手でまっすぐ切れ、強く貼り付く!

「布テープ」とは?

布テープは文字通り、布を材料とした包装用の粘着テープです。
通常、粘着テープは、基材に粘着剤を塗布して作られており、布テープは、基材にスフモスと呼ばれる布を使っているため、布目に沿って、手でまっすぐ簡単に切ることができます。
また、熱をかけながら練ったゴムを主成分とした柔らかい粘着剤を厚めに塗布し、べったりしているので、寒い場所やでこぼこした粗面でも比較的貼り付きやすいです。
近年では、様々なカラーバリエーションにも対応していて、梱包物の色分けなどにも便利です。

「ガムテープ」と誤解されがち!?

梱包用のテープは、幅広く「ガムテープ」と呼ばれており、特に布テープのことを指して、ガムテープ、ガムテなどと呼ばれることが多いですが、実はこれは正式な名称ではありません。
本来のガムテープは、クラフト紙に水溶性の再湿糊という糊を塗布し、乾燥させ、ロール状に巻いたものです。
ガムテープを貼り付けるときは、糊面を水で濡らして貼り付けます。(郵便切手のようなイメージ)
このようにガムテープと布テープは全く違うのに、誤解されがちです。
このコラムをご覧のみなさんはぜひこれから「布テープ」とちゃんと呼んであげてください。

長所と短所について

布テープの長所と短所についてまとめてみました。
ぜひ梱包テープの使い分けや、選ぶときの参考にしてください。

こんなにある!長所

・ハサミやカッターがなくても手でまっすぐ切れる
・寒い場所でも貼り付きやすい
・でこぼこした粗面でも貼り付きやすい
・貼った後、さらに重ねて貼ったり、油性ペンで文字が書ける
・クラフトテープ(紙)よりも基材が丈夫
・粘着剤に溶剤を使用していないので臭いが少ない
・カラーバリエーションが豊富

苦手もある!短所

・粘着剤が熱に弱く、高温ではがれやすい
・他の梱包テープと比べて若干重い
・他の梱包テープと比べて若干価格が高い
・OPPテープ(フィルム)と比べて基材が切れやすい

どんな時に使うと便利?

布テープの使用におすすめなシーンを紹介します。
もちろんこれら以外にも様々なシーンで活躍できるテープですので、ご使用が不安な場合、試してみたい場合など、ぜひお問い合わせください。

オフィスでの備品整理に

ハサミやカッターを使わなくても切れるので、お手軽に梱包作業ができ、怪我のリスクも低減することができます。
また、カラーバリエーションを用意しておけば、備品の置き場、種類などによって色分けして管理できます。

発泡スチロールの梱包に

表面がでこぼこしている発泡スチロールの梱包には、べったりと貼り付く布テープがおすすめです。
鮮魚取り扱い業者様からは、入れる魚の種類によって色分けもできる点も、ご好評いただいています。

布テープ製品リンク

人気のキーワード

取り扱い商品約3,800種類 4万サイズ

テープについてのお悩みは
「テープおまかせナビ」をご活用ください!

テープおまかせナビ

テープおまかせナビの使い方

BtoB 法人のお客様専用だから様々な使い方があります。

一般的なネット通販とは異なり、商品を探してカートに入れて注文という流れだけではなく、様々なニーズに応える使い方があります。

  • 「きれいにはがせるテープ」「熱に強いテープ」など、自社の使い方に「最適なテープを提案」してほしい
  • 製品が問題なく使えるか、事前テスト用の「サンプル」がほしい
  • 量をたくさん購入するなど、購入条件に応じた価格を「見積もり」してほしい
  • ピッタリなサイズ、少量で買えるテープがなく、作業時間や材料にロスが出るので、「テープのオーダーメイド」がしたい
  • クレジットカード、後払い、掛売など、「状況に応じた決済方法」で購入したい

お客様から相談・見積・サンプル依頼をし、テープおまかせナビが、テープの日東電工CSシステムと連絡を取り、お客様にご提案させていただきます

専門スタッフが、商品の選定から、一般には流通していない特殊品のご提案や
見積・サンプルのご依頼など、お客様のテープに関する「困った」を解決します。

何かお困りのことはないですか?

テープの様々な「困った」をテープのプロに直接相談して解決できます!

  • 最適な商品を
    教えてほしい
  • サンプルで
    試してみたい
  • オーダーメイド
    をしたい
  • 多量購入や
    見積の相談

お問い合わせ・お見積りは
こちらから

お急ぎの方はお電話でもどうぞ!
日東電工CSシステム お客様サービスセンター 0120-210-207 受付時間 平9:00〜17:30